08/06/2017

コンセルヴァトーリオ名古屋二期会

研修生制度が新しくなりました。
2013年春名古屋二期会の「研究生」より
「コンセルヴァトーリオ名古屋二期会」として生まれ変わりました。

ごあいさつ
歌手としての総合力を身につける場を!
私ども名古屋二期会は、平成23年、一般社団法人として新たな歩みを始めました。そして 平成27年、文化庁より「トップレベル」の音楽事業団体として認定を受けました。
東海地方を代表するオペラ団体として、広く社会の文化向上に務めるとともに、「トップ レベル」認定理由の一つでも有る『新しい人材、若い人材を継続して育成している』という 評価にも応えるべく、より一層尽力していこうと考えています。昭和45年の二期会名古屋支部創立と同時に併設された「研究生制度」は、平成25年度「コンセルヴァトーリオ名古屋二期会」として、一層充実した内容で生まれ変わりました。 総合芸術であるオペラを演じるためには、舞台人としてのさまざまな技能を高度に修得し た歌手が必要です。「コンセルヴァトーリオ名古屋二期会」では、各分野から経験豊富で 才能豊かな指導陣を結集し、個々のレベルに合わせた段階的なカリキュラムを取り入れました。また、名古屋二期会が主催するオペラ公演やコンサートなどの現場にも実際に参加 する機会を設けるなど、歌手がステージで十分に実力を発揮できるように万全の指体制を用意しています。 この新体制の中、既に28年度オペラ本公演のキャストとして選れた者も居り、我々 指導陣の大きな励みとなっております。
「コンセルヴァトーリオ名古屋二期会」では、次の時代に続く優れたオペラ歌手の人材育成に、
全力を尽くしてまいります。
                              コンセルヴァトーリオ名古屋二期会
                                         院長 山本みよ子